ジャパンアニメノベルス!~SS小説まとめ~

日本のアニメのSS小説まとめサイト。

【咲SS】白水哩「花田、文化祭での麻雀部の出し物、何か案は無かと?」

      2016/01/12

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:00:33.10 ID:hGYc6GFHO
哩「なーは」
哩「な……な……」
哩「…なんも、思いつかん……っ」ポロポロ

姫子「いや泣くことは無かとですよ!?」

美子「いつもの病気」

仁美「」チュー
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:01:24.56 ID:hGYc6GFHO
※方言表現が微妙です
※部長が壊れています
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:02:32.15 ID:hGYc6GFHO
哩「姫子……」

姫子「ど、どうしたとですかぶちょー そんな改まって」ビクッ

哩「……」

哩「主従逆転って……良かね」シミジミ

姫子「」
6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:05:21.48 ID:hGYc6GFHO
姫子「はぁ……ついに頭のネジ全部取れたとですか」ヤレヤレ

哩「な、何ぞその憐れみよる視線!無礼が過ぎるぞ!」プンスコ

姫子「まあ一応話は聞くだけ聞くとですよ」

哩「うう……姫子が厳しか」
美子(自業自得)

仁美(哩がおかしくなったんも政治のせい……!)ゴゴゴゴゴ
7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:08:25.22 ID:hGYc6GFHO
哩「こないだ、花田をうちに誘う言うとったよな」

姫子「あー言うてましたね」ピク

哩「そんで……その……う~んなんと言いよったら良か……」シドロモドロ

姫子(そりゃ言葉選びよりますわな)

哩「あ、花田が急に生意気ん態度取りよってな、つい手ばあげてしまって」バッ

姫子「ふーん(あんたが花田ん奴に手あげられる訳無かとよ……相変わらず言い訳下手やなぁこの人)」

哩「そんでつい…気絶させよって」

姫子「ば、バイオレンスとですね…(さすがに花田が初めてやったんにぶちょーが激しくしよったからやないですか……とは言えんよなぁ)」
9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:11:03.65 ID:hGYc6GFHO
哩「さすがに反省してな。その日はずっと身の回りの面倒ば見よって」

姫子「そんな支障が出るまでやったとですか!?(動くん辛そうやったとは思ったけども……)」

哩「花田の為にあれやこれやしとる内……なんというか、こう……」

哩「下の相手に良いようにされる、ってなかなかどうしてすばらなことやったと」

姫子「へ、変態やないですか?!」

哩「断じて違う!」キリッ

姫子「言い切りよった!何の自信!?」ガビーン
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:14:02.78 ID:hGYc6GFHO
哩「いずれ蒸れた靴下とかで顔踏み付けて欲しいとよ」

姫子「…これ、花田が聞いたら、マジドン引きやろなあ……あいつぶちょーに対して、すげえ憧れよる面あったし」

哩「いいや、花田ならきっとわかってくれるとよ…」

姫子「わかったらわかったでこっちもドン引きなんですけどね」
姫子「というか、なんでこんなこと私に言いよったとですか?(まさか、私にもやって欲しいとか…?)」

哩「美子と仁美は原作でセリフが少なか、消去法ぞ」

姫子「まさかのメッタメタやないですか!!!?」ガビーン
12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:16:37.71 ID:hGYc6GFHO
哩「にしても花田~花田が遅かよ~っ」ジタバタ

姫子(駄々っ子か)

姫子「しょうがなかとですよ。あいつ、文化祭実行委員やし、今シーズンやけ忙しいのは…」

哩「ふわっ!?」

姫子「なっ、何いきなり大声出しよるとですか!?」ビクッ

哩「麻雀部…出し物決めて無かと……」サー……

姫子「え……ええ―――――ッ!?」ガビーン
14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:20:43.59 ID:hGYc6GFHO
哩「美子!仁美!何か案は無かと!?」

仁美「昨今の日本の腐りきった政権とその対策ば纏めて」ゴゴゴゴゴ

哩「却下ぞ」スパッ

姫子「仁美先輩、たまに口開くと怖かですね」ハラハラ

美子「お客さんと麻雀でええやないです」

哩「…安直やね」

姫子「まあ……他に案が無かとやった時の最終手段ですかね」
姫子「そういやぶちょーは何か考えとかあるとですか?」

哩「……メイド喫茶!」カッ

姫子「ここ女子校なんですけどねえ!?」
16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:23:47.81 ID:hGYc6GFHO
哩「女子校?ふっ、関係無かとよ。…私は花田のメイド服姿ば見れりゃそれで」

姫子「結局そこに行き着くとですね……いやわかっとる話でしたけど」

哩「やけど……ふむ」ジロジロ

姫子「な、なんですか急にジロジロと」

哩「姫子も、メイド服ば似合いそうやね」

姫子「なっ……」ドキ

姫子「なに、いきなり言いよるですか!」カアアッ

哩「そ、そこまで顔真っ赤にして怒らんでも」

姫子「怒っとらんですよ!!」グイッ

哩「じゅ、十分怒っとるぞ」タジタジ

姫子「だいたい!どうして私がメイド服着なきゃならんとですか!?」

哩「姫子はスタイルええし、顔も可愛か」

姫子「……っ///(ぶちょーに可愛いって、ぶちょーに可愛いって言ってもらえたと……!)」
17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:26:03.75 ID:hGYc6GFHO
哩「あとニーソ」

姫子「それあんま関係無かとですよ!?」

哩「ふーむ……」(姫子の顔を覗き込む)

姫子「な、なんですかあいきなり……」タジッ

哩「……」(そのまま顔を寄せる)

姫子「ひっ…」(ぶちょー…ちかい、です///)

哩「」(更に近寄る)

姫子(あっ……)ドキ

哩「そん付け睫毛は刺さりそうやけん、外した方が良かね」

姫子「自前ですよ!!!!」ガーッ
19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:28:46.95 ID:hGYc6GFHO
哩「そういや、姫子は何か考えばもっとる?」

姫子「そうですねえ……麻雀喫茶、とか」

哩「安直やね」

姫子「部長がぶっ飛び過ぎなんです」

煌「おっくれましたあ~!」すばらっ

哩「花田…」ハッ

煌「あ、部長…」

哩「……///」テレテレ

煌「え、えへへ///」

姫子(告白成功したてのカップルか!)
21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:31:03.58 ID:hGYc6GFHO
哩「花田、文化祭での麻雀部の出し物、何か案は無かと?」

煌「そうですねえ、皆さんで楽しくワイワイやれるのが良いですね!」びしっ

哩「花田…物は相談やけど」

煌「はい?なんでしょうか」

哩「メイド服……着てみんか?」キリッ

煌「すばらっ!?」

姫子「まだ諦めて無かったとですか……」
22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:34:09.70 ID:hGYc6GFHO
煌「ええとお、わ、私なんぞがそんな服を着ても、お客さんは喜ばないと思うんですがっ」

哩「関係無かとよ!客が喜ばんなら、私の為だけに着よってくれんか!?」ガシッ

煌「部長の為だけに……」ごくり

姫子「何流されかけよる花田!?お前が首を縦に振りよったらメイド喫茶がほぼ確定して」

煌「部長がお望みとあらば……私はバニーでもウェイトレスでも、メイドにもなりましょう!」すばらっ!

哩「花田ぁ……」ふるふる

姫子「ああ……もうどうにでもすれば良かとですよ」ハァ…
24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:37:37.28 ID:hGYc6GFHO
哩「申請書、提出してきたとよ」

姫子「やっぱメイド喫茶やるとですか?」

哩「皆の意見ば少しずつ参考にしよった結果」
哩「“全国大会出場新道寺女子麻雀部と対局できる!皆で楽しくノーレートなメイド麻雀喫茶”に決定したぞ」
煌(さすが部長!全員の意見を尊重するとは……すばらですっ!)

姫子(突っ込みきれんとです)

美子(メイド…麻雀喫茶…どっかで見たような……?)

仁美(政治…)
25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:41:07.11 ID:hGYc6GFHO
姫子「ぶちょー、仁美先輩の意見はどこに反映されよるとですか?」

哩「教室内に政治新聞ば一面に張り出し、飲料は全部ストローで提供すっとよ」

仁美「」パアァ

美子「卓も汚れんし、良い考えですねっ」

煌「すばらです!」

姫子「いや壁一面政治新聞は麻雀部としておかしくなかとですかね!!?」
26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:44:43.56 ID:AroTggK40
わろた
27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:45:11.47 ID:hGYc6GFHO
姫子(そしてあっという間に時は流れてしまい―――。)

姫子(私の憂鬱が形ば成したとです)
哩「花田ぁあああ!!花田が居らんっうああああああ」ドッタンバッタンゴロガッシャァァン

哩「先生質問です!花田が居らんのですが!しぬ!」シヌ!

先生「2年まではクラスん方の出し物があるけん、仕方無かと」

哩「」

美子(こりゃあ、逝ったかな)

仁美(なんもかんも政治が悪いからよ……!)ゴゴゴゴゴ
28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:48:54.62 ID:hGYc6GFHO
美子「とりあえず、今居るメンバーだけでも着替えなきゃ…」

哩「」

美子「ほれ部長!」ガクガク

哩「ほええっ」

哩「美子!何すっとよ!」プンスコ

美子「部長がしっかりせんと、後の皆が戸惑うです。花田が居なくとも部長が仕切らんと…」

哩「…そう、やね」

哩(事前の準備は出来とる。後は、私らが気張るだけぞ……!)
30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:51:07.23 ID:hGYc6GFHO
ワーワー

キャーホントニテレビデミタカタガタダワー
哩(う……うう)ビクビク

哩(自分で着てみよったけどかなり恥ずかしか……っ!!)カアアッ

美子「ほら部長、言い出しっぺが出て来なくてどうするね?」

哩「美子ぉ……私にはこん服、似合わなか……っ」

美子「はいはい。部長目当てで来よる人もいるけん、早よしてくださいな」
哩(もう……当たって砕け…よ!)
シャッ
32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:54:10.82 ID:hGYc6GFHO
哩「……っっ///」カアアアアアッ

シーン…………

哩(今まで騒がしか教室が、静まったと…?)

哩(ああ…やっぱり、私がこんな格好しよったら白けるだけなんやね……)

ワアアアアアアアアアア!!

哩「ひっ!?」ビクッ

キャーマイルサーン

カワイー!

マイルサンチュッチュ

コッチミテー

アリガタヤアリガタヤ

ナマアシメイドキタワァーッ
哩「ど……どういうことぞ」

美子「自分の人気に気付いてないとか、どんだけ鈍いとよ?」

仁美(ヤレヤレ)チュー
34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:57:03.42 ID:hGYc6GFHO
哩「え、えーっとじゃあ、これより麻雀喫茶ば始めます…デス」カチコチ

ワアアアアアアアアアア!!

哩(ひ~っ)
部員A「はい、はいありがとうございます。部長ですね?一番卓になります」

部員B「いらっしゃいませ。対局希望ですね?はい。ありがとうございます。希望部員は……部長。はい。一番卓でお待ちください」

美子「開幕から予約殺到しよるね、部長?」ニコッ

哩「あ…あ…?」
35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 20:00:50.31 ID:hGYc6GFHO
哩「よ、よろしくお願いします」

オネガイシマース
カチャ
タンッ、キュ
カチャ
タン、カチ
哩(うう…皆こっちガン見しよる……恥ずかしか……)タン

ロンデスー

哩「ひゃぁ!?あ、はい……」チャラ
キャーマイルサンカラアガッター

オマエマージャンブハイレヨー

ヤッパリー?
哩(うう…花田ぁ~…)グスッ
36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 20:04:01.87 ID:hGYc6GFHO
哩「」(レイプ目)

美子「何連敗目?部長…」

哩「十から先は数えて無か……」ガクガク

美子(マズい…部長は完全にリズムの整ったテンションで打つタイプだから)

美子(この状況では…)

先生「哩」

哩「は、はひっ!?」ビクッ

先生「お前全国出といてこの体たらく。恥ずべきことと思わんか?」

哩「はいぃ……」

先生「折角来てもろうたお客さんにも申し訳無か。次から、最下位取る度に一枚ずつ脱いでけ」

哩「…………えっ?」
39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 20:07:42.43 ID:hGYc6GFHO
ざわ……っざわ……っ
美子「ちょ、先生!それはあんまりにもあんまりじゃ…」

先生「これも我が部活が集客数一位を狙うためよ」

先生「なあに勝てば良か…なぁ?部長さんよ」

哩「…は……はい……っ」

美子「部長!」

哩「もとより、私が勝手に推し進めた企画よ」

哩「これくらいせんと……けじめが付かん」

美子「部長…」

仁美(哩……)
41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 20:11:32.56 ID:hGYc6GFHO
ツモ!

哩(親っかぶり…!)

ヒャッハーロンダー!

哩(放銃……ッ)
ホラーヤクソクデスヨー?

ハヨ!ハヨ!

ざわざわ
哩「っく……」(エプロンを脱ぐ)
ワアアアアアアアアアア!!
哩「次の方……どうぞ」
44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 20:16:22.76 ID:hGYc6GFHO
哩(もう……上はブラウスしか残っとらん)グスッ

哩(これば脱がされたら……ブラだけに……その次はスカートまで……)

哩(やっぱり、バチが当たったと…?)

哩(私が私利私欲ん為に、案ば決めよったから)
哩(皆……ごめんな……)ポロポロ

がらっ
??「皆さんお揃いのようで……」
46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 20:20:04.81 ID:hGYc6GFHO
煌「すばらですっ!!!」すばらっ

姫子「すんません、遅れましたぁ」

煌「真打ちは後から登場するって!」びしっ

姫子「もうそれはええとよ!天丼もいい加減…に……」ハッ

哩「煌……姫子ぉ……」ポロポロ

煌「部長ッ!?」

姫子「ぶぶぶぶぶちょー!!?」
ざわざわ

アレハセンポウトタイショウダー

ソウイヤミテナカッタナー

ゼンコクグミゼンインソロッタナ

ざわざわ
47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 20:24:06.82 ID:hGYc6GFHO
姫子「ぶちょー!どうしてこんな…」

哩「良いんよ…私のせいやけん」

煌(部長が二人きりでないのに私を名前で呼ぶなんて、よっぽどの異常事態ですねえ)

煌(これは、私と鶴田さんも一肌脱ぐ他無さそうですっ!)
煌「部長!遅れて申し訳ありませんでしたっ」

姫子「花田?こんな時に何ばしよっと…」

煌「私も今すぐ着替えて来ますんで、少々お待ちくださいっ!」たっ

哩「…花田…」

煌「鶴田さんっ!あなたも早く!」がっ

姫子「わ!?ちょ、引っ張りよるんは無かとよ~っ」ズルズル

哩「花田が着替えて……!?」
48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 20:28:51.86 ID:hGYc6GFHO
哩(花田が着替えてくる…花田が…花田の着替えが覗けん……っ!?当初の目的の一つがみすみす台無しに……!?)

哩「ッッ!!」バシン!
ざわ……ざわ……
哩「お待たせした。お詫びと言っちゃあ難やけんど、こっからは本気でお相手すっとよ」ピリッ…ピリッ…

美子(一番卓の空気が変わった)

仁美(まったく、寝坊助なんやから)チュー
哩「天和。16000オール」バラッ

ワアアアアアアアアアア!!
49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 20:30:50.55 ID:OhQvFR3m0
煩悩すげー
51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 20:31:01.99 ID:hGYc6GFHO
哩「…では、私んとこのお客さんば全部片付けたんで、服ば着直してきます」

先生「最初から本気出しとけタコ助」

哩「…ごもっともです」タタタッ
先生(あのブレが無ければ、文句無しに大将ば任せよるんやけどな…まったく)
52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 20:34:09.13 ID:hGYc6GFHO
姫子「花田ぁ…私メイド服着るん初めてやし、あちこちわからんのやけど」

煌「はは…わ、私もでしたあ」

姫子「どうすっと!?早く戻らんと、ぶちょーが…」

哩「着方がわからんと?」

煌・姫子「「!!」」
哩「ここの紐を後ろに交差させて…」

姫子(ぶっ、ぶちょーにメイド服着させられとる…!)カアアッ

煌「ふむふむ」

哩「わかるか?花田(ああ…下着姿の花田…眩しかよ)」テキパキ

煌「なんとなくわかってきましたよ~」
53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 20:38:17.52 ID:hGYc6GFHO
哩「最後にリボンば結んで、終わりと」キュッ

姫子「あ、ありがとございます、ぶちょー…///」

哩「んん、やっぱ様になっとるな」

姫子「ほんとですか!?すげえ嬉しかとですっ!」パアァ

哩「ああ…おそらく、秋葉原でん違和感無かよ!」

姫子「そ、それは褒め言葉なんですかねえ……?」

煌「できました!これで大丈夫ですか?」すばらっ

哩「」

姫子「おー、割と似合いよるなあ」

煌「そ、そうですか?えへへ……それは幸いです」にこ

姫子(うっ……可愛か)
54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 20:42:36.18 ID:hGYc6GFHO
姫子(こんなん、ぶちょーが受けたら制御出来なくなるんじゃ……)!?

哩「」

煌「ぶ、部長?」あせあせ

姫子(立ったまま気絶しよる……器用やなあ)

姫子(ってそんな冷静に見とる場合じゃ無かとっ!!)

姫子「ぶちょー!」ゆさゆさ

哩「はっ!…いかんいかん」ジュルル

煌「部長、よ、よだれが出てますっ」

哩(あまりの可愛さに、妄想で煌と熱烈な子作りばしよったと)フキフキ

哩「よし、私もちゃちゃっと着直して……っと」チャチャッ

姫子「わぁ……」

煌「部長、すごくすばらですよっ!」
56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 20:46:51.96 ID:hGYc6GFHO
哩「花田にゃ負けっとよ……」

煌「部長のがすばらしく素敵ですよ」

哩「花田…嬉しかよ…」ギュッ

煌「あっ……だ、ダメですよ部長……ここでは…」どきっ

姫子(ああ、目の前に私が居るってのに…)ドキドキ

哩「花田……」

煌「部長……」

姫子(ぶちょー……)
シャッ
美子「なに後ろで乳繰りあいよっとるです!」

哩・煌・姫子「「「ひゃあああああああっ!!」」」ビクビクビクーッ
58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 20:50:22.42 ID:hGYc6GFHO
美子「お客さんどんだけ待っとると思います!?はよ出んかーっ!」ガーッ

哩「そ、そいはすまんかった」

煌「申し訳無いです……」どきどき

姫子「い、今行きますんでえ」

美子「まったく……」プンスコ
姫子「こ、怖かでしたあ……」

煌「美子先輩の怒ってるところ、初めて見たような気がします…」

哩「今日はよう喋っとうな、美子」

姫子「余計なことは言わなくて良かとです」
59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 20:54:23.43 ID:hGYc6GFHO
ワイワイガヤガヤ……
煌「私にも指名があるなんて…すばらです!」
ミンナカワイイナー……

マッタクヨネ……
姫子「ふわっ!?私の待ち人数30っておかしくなかとですか!?」
スバラハオレノヨメ…

哩「おい、今口走った奴どこの誰ぞ?」ペキ…パキ…

姫子「落ち着きよってください」
62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 20:58:32.05 ID:hGYc6GFHO
哩「お疲れ様です、次の…花田?もう指名分は終わったと?」

煌「はい、今フリーですね」

哩「…そいじゃ、また指名入るまでこっちの卓に入んな」

煌「えっ…」どき

哩「お客様、花田の奴ば混ぜても構わんとですか?」
ワーワー
カマワンヨー!
マイキラハオレノジャスティス
哩「大丈夫やってさ」

煌「で、ではっ!お邪魔させていただきます」すばらっ

哩「そいじゃ対面に座っとよ」

哩「(対局中、お前だけば見てたいから)」(耳打ち)

煌「~~~っっ///」かああっ
65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 21:02:41.07 ID:hGYc6GFHO
哩「……」タン

煌「……///」タンッ

姫子(ああっ、花田ん奴ぶちょーと打ちよる……ずるかよ~っ)タンッ
煌「ツモ!8000は4000の2000!」

哩「ようやった、花田」ニコッ

煌「えへへ…すばらですっ!」すばらっ

姫子「ツモ!8000オール(満貫で褒められよる!ぶちょー!こっちは倍満アガったとですよ!ぶちょ~~っ)」
66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 21:06:06.01 ID:hGYc6GFHO
―――――――――――

哩「皆、おつかれさん」
オツカレサマデシタア~~
哩「今回は、その、……私の半ば強引な取り決めで話ば進めてしまって、申し訳無かとよ」

姫子(ぶちょー……)

煌(強引??)はて

哩「まずそいばここに詫びる。……で、どうやった皆。楽しかとやったか?」

ざわざわ

タノシカッター
ネー

ざわざわ

仁美(疲れたと)チュー

美子(色っ々疲れたと)ハァ
67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 21:09:45.69 ID:hGYc6GFHO
煌「鶴田さんは、楽しかったですか?」

姫子「え、私?…ん~~……まあ、楽しめたとよ」

煌「それは良かったです!私が見てた中では終始しかめっ面だった気がしたもので……」

姫子「!」ピク

姫子(そ、そんな顔しとったん!?ぶちょーが見てたら、マジ乗り気じゃねえこいつと思われよったかも…)

姫子「ぶちょー!!」ガタタッ

哩「ど、どした?姫子」ビクッ

姫子「私、すげぇ…あ、めっちゃ楽しかったとです!」

哩「それは良かったとよ」ニコ

姫子(あ^~)グッ
70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 21:13:18.45 ID:hGYc6GFHO
哩「三年はここの撤収作業、二年以下は自分達のクラスの出し物の撤収ば手伝う」

哩「そんで、今回使った制服ば洗ったりクリーニング出すなりして、次の部活で持ってくること!何か質問はあっと?」
シーン
哩「よし。そいじゃあ各自移動すっとよ。お疲れ様でした」ペコリ
オツカレサマデシタア――!

ガヤガヤ
ガヤガヤ
哩「花田」

煌「はい、なんでしょう?」

哩「今日、この後……時間あるか?」

煌「…………///」こく
??「…………」
73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 21:17:08.45 ID:hGYc6GFHO
哩(ずいぶん着替えが遅くなった……早く着替えんと)

姫子「ぶちょー」

哩「お、姫子。お前も着替えんタイミングば掴み損ねよった口か」脱ぎ脱ぎ

姫子「……ッ」(哩の肩を壁に押し当てそのまま身体を密着させる)

哩「ひ、姫んぐっ」

姫子「」チュ

哩「――――!?」
哩(姫子…!?何、しよって……!?)

姫子(ぶちょー……ぶちょー……っ!!)
74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 21:20:52.54 ID:hGYc6GFHO
哩(し、舌、入れよったら、ひ、ひいぃッ)ビクッ

姫子(抵抗されなかと……?…っ可愛か、ぶちょー……!!)チュゥゥゥッ

哩(姫子、どうして…お前…!?)
姫子「ッはぁ……はぁ……」

哩「はぁ…は、…っはぁ……」トサ

姫子(私、何てことば……して……)

哩「っひめ、こぉ……?」トロン

姫子「」ズギューン
77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 21:24:22.41 ID:hGYc6GFHO
姫子「ぶちょー……可愛かですよ」クニクニ

哩「いやッ……そこはッ…」ピクッ

姫子「良かとですかねー?大きな声出して」ニヤ

哩「……?」

姫子「まだ、そこらに花田ば居るかも……」

哩「……!!」ビクッ
78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 21:28:40.67 ID:hGYc6GFHO
哩「ひっ、んっ、んく…くぅ…っ!!」ガチガチ

姫子「まだ声出てますよ、ぶちょー」クチ

哩「けふッ、こふッ!んんんッ!」ギリリ

姫子「手伝いますね……」チュゥッ

哩「んん!!?」ビクッ

姫子(いかん…ぶちょーが可愛過ぎて…歯止め、利かん……!)
79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 21:32:13.73 ID:hGYc6GFHO
哩「んん!んッ、んんんッ!」ピクッピクッ

姫子「っぷぁ…ぶちょーの、ココ……すんなり入りよる……」ヌチ

哩「か…は……ぁっ!」ビクビクッ

姫子「いつも弄りよるんですか?一人で」グチッグチッ

哩「そんなッ、ことぉ…ッ!」ビクンッ

姫子(縋り付いて来…っ!?うう……っ可愛か……ッ!!)キュンキュン
80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 21:36:19.95 ID:hGYc6GFHO
哩「あ、ああッ、ひ、めこぉッ…だめ……も…だめぇ……ッ!」ガクガクッ

姫子「も、イキそうですか…?」グチュッグチュッ

哩「い、イきゅッ、イ、ひくぅッ」ブル…ブルッ

姫子「良かですよ……イッて」ググッ……

哩「あ……あ…………ッッッ!!」ビクッビクビクッ
姫子(う、わ)

姫子(ぶちょーのイキ顔…エロ過ぎ…っ)ジュンッ
81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 21:40:17.40 ID:hGYc6GFHO
哩「……」フー…フー……

姫子「…あ、あの、ぶちょ」オドオド

哩「……ろ」ボソッ

姫子「え?」

哩「っとっとと着替えて……失せろ……ッ」
姫子「……!!」

姫子「……」フラ…
哩「……」

哩「ぐすっ…ひっく……」
83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 21:45:11.30 ID:hGYc6GFHO
哩(姫子ば…強く断れんかった)

哩(煌という奴が居りながら……っ)

哩(姫子に…いや……姫子で……感じよったっ……)ジワッ

哩「うぐっ…ううう……っ」ポロポロ

哩(その腹いせに、姫子に当たってしまった…ッ)

哩「うううっ、うううううっ」ポロポロ

哩(情けなか……情けなか過ぎよ……っ)

哩(最低ぞっ……私)ヒック、ヒック
84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 21:47:54.34 ID:hGYc6GFHO
姫子「…………」トボトボ…

姫子(……ぶちょー…大丈夫…じゃなかよなぁ)

姫子「…………」

姫子(ぶちょーと花田の内緒話聞いて……抑えきれんかった)

姫子(挙げ句が…犯罪沙汰よ)

姫子「…………」

姫子(あんなこと言われて…嫌われて…当……然)

姫子「…ああ……あああっ」ボロボロ
煌「部長……遅いですねえ……」
カン
86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 21:49:23.97 ID:RPgeZYzo0
えっ
87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 21:53:27.10 ID:hGYc6GFHO
おまけ
哩「…………」ポケー

煌「…………」てくてく

哩「…………」ポケー

煌「あ、あの?部長?」てくてく

哩「……ん、あ……すまん、気ぃ抜けよった」テクテク

煌「ど、どうかしたんですか?」

哩「…………」

哩「なんも、無かよ」ニコ…

煌「嘘ですね」

哩「煌……」
88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 21:54:18.99 ID:rpcVySwy0
きたー
89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 22:00:40.70 ID:hGYc6GFHO
煌「最近、2人っきりの時に“部長”って呼ぶと機嫌悪くなりますよね?哩さん」

哩「…あっ」

煌「……話したく無いのならば、無理に聞きません。他人のプライバシーにズカズカと干渉する気もありません」

哩「煌……」

煌「ですが……一応恋人同士、でしたよね?大丈夫じゃない時は大丈夫じゃない。そう伝えて欲しいものです」

哩「……伝えて、どうなっとよ」ウル

煌「」(哩の前に先回りして両手を目一杯広げる)

煌「人間、誰かに抱擁されている時はそれはそれは安心するものです。…えと、私で良ければ、ですけども///」すばらっ

哩「ッ……煌ぇえッッ!」ガバッ
91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 22:07:07.74 ID:hGYc6GFHO
哩「うっ……うぐっ……ふぇぇ……っ」

煌「……」なでなで

哩「ご、ごめ、きら、め」エグッヒグッ

煌「どうか謝らないでくださいな。私はただ当然のことを当然のごとくしているだけですから」

哩「ちがっ、ちがう……ちがうんよ……わ、わた、しっ……」ヒック、ヒッ

煌「落ち着いてからで大丈夫ですよ?」なで

哩「こんな……してもろ、資格、無っ」ヒック

煌「なんの資格も要りませんよ?私がこうしたいからこうなってるだけですから」

哩「~~~ッッ」ジワ

哩(明日……決着ばつけよう)

哩(だから今は……今だけ……)

もいっこ、カン
93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 22:19:33.69 ID:hGYc6GFHO
オーラス
―――――――――――

姫子「…………」

姫子(どんな面ば引っさげて、ぶちょーに顔見せれば……)

煌「鶴田さん」

姫子「…花田」

煌「部長が、お話があるそうで。迎えに参りましたっ」すばらっ

姫子(御指名頂くとは……もう、逃げられんのですね)トボトボ

煌「部長!連れてきましたよっ」がららっ

哩「ご苦労花田。じゃ…」

煌「わかってますって」がららっ、ぱたん

哩「さて、姫子」

姫子「……はい」
哩「…すまんかった」

姫子「……へっ…?」
95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 22:28:14.31 ID:hGYc6GFHO
哩「……お前ば、体の良か言い訳に使ってしまった」

姫子(……?)

哩「更には自分のことば棚に上げて、一方的に当たってしまった」

姫子(あ……この人)

哩「いくら私でも、あんなとこで着替えよったら誘発しかねんよな」

姫子(私の気持ち……気付いて無いとですね……?)クク

哩「な、何かおかしいとこでもあったと?」

姫子「ふふ…はい。すげぇおかしいとこばっかとですよ、ぶちょー」

哩「一体どこがおか」
チュ

哩「!?」

姫子「ニブいぶちょーには教えなかとですよっ!」

哩「……///!!?」
姫子「さぁ、今日も張り切って部活に励むとすっかな!」
三槓子っ!
96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 22:30:55.11 ID:RPgeZYzo0
乙乙
新道寺すばらです
97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 22:31:32.80 ID:MPtarSuR0

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 22:38:40.02 ID:rpcVySwy0
乙!!

 - 咲SS

  関連記事

no image
寺平彩乃「まこちゃんのおうちだっけ? 面白そうだけど私、麻雀打てないよ~」SS

1 : ◆FYW.3i5lks 2015/03/18(水) 19:18:39.9 …

no image
宮永咲「部長ってアホっぽいのに、どうして生徒会長になれたんですか?」【竹井久SS】

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/07(金) …

no image
臼沢塞「ウチら全員三年生なのに、麻雀に明け暮れて大学受験やばくない・・・?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) …

no image
竹井久「困ったわ。美穂子とゆみから同時に告白されてしまったわ」SS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) …

no image
宮永咲「原村さんの私を見る目が怪しい気がする・・・ちょっと距離置こうかな」SS

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/10(木) …

no image
東横桃子「ステレスモモを使って、毎晩、加治木先輩の家にこっそりお邪魔するっす」SS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) …

no image
竹井久「合宿の布団が一つ足りないか・・・須賀君、一緒に寝よっか?」SS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) …

no image
原村和「須賀君!これ以上、咲さんを誑かすのをやめてください!」SS

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/ …

no image
宮永照「咲、靴下を脱ぐのはいいんだけど、なんで私のケーキに突っ込むの・・・?」SS

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) …

no image
竹井久「控室にもパラソルが欲しいわね。須賀君に長野まで戻って、取ってきてもらおうしらw」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/01(土) …