ジャパンアニメノベルス!~SS小説まとめ~

日本のアニメのSS小説まとめサイト。

末原恭子「準決勝の大将戦でも宮永咲にフォローしてもらえるよう、全力でよいしょするんや!」SS

      2015/10/18

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 22:13:04.01 ID:kRGbXR+q0
咲「早くLチキ買ってきてくださいよ?」

末原「は?」

咲「いや、Lチキですよ。Lチキ」

末原「いやいやいや」

咲「あれ? Lチキって知らないですか?」

末原「いや、ちょい待てや自分」

咲「ローソンで売ってるチキンですよ。LAWSONの頭文字を取ってLチキにしたらしいですよ?」

末原「そんなん知っとるわ!!」
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 22:15:26.91 ID:kRGbXR+q0
咲「ん?」

末原「ちょい待て。おかしいやろ。それは」

咲「え、何でですか?」

末原「さっき自分言ったやん。『スマブラ負けた方がローソン行って勝った方の好きなもん買って来ましょうよ』って」

咲「え? まぁ言ったっちゃ言いましたけど?」

末原「で、自分負けたやんな?」

咲「まぁ…… 結果だけ見たらそうとられてもおかしくない感じにはなったかもしれないですね」

末原「いやいやいや!」

咲「え?」

末原「ちょっとまちぃな」
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 22:17:52.29 ID:kRGbXR+q0
咲「まぁ…… 結果だけ見たらそうとられてもおかしくない感じにはなったかもしれないですね」

末原「いやいやいや!」

咲「え?」

末原「ちょっとまちぃな」

咲「ん?」

末原「っていうかなんかぼかした感じにしてるけど自分負けてるやん」

咲「まぁギリギリですけどね。しかも限りなく私に近い方のギリギリ」

末原「いやギリギリってなんやねん」
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 22:19:58.41 ID:kRGbXR+q0
咲「まぁ、大勢を見れば私が勝ってるっていうことになりかねない感じではありましたよね?」

末原「はぁ?」

咲「ん?」

末原「咲ちゃんは私のフォックスに思いっくそボコボコにされてたやん」

咲「うん?」

末原「アイテム無し。終点でタイマン張ったやん」

咲「やりましたね」

末原「ストック制でやって3-0で圧倒的に私の勝ちやったやろ?」

咲「まぁ、結果だけを重視するならそうかもしれませんね」

末原「じゃあローソン行くのは咲ちゃんやんな?」

咲「それはちょっと違うんじゃないですか?」

末原「はぁ!?」
6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 22:24:46.08 ID:kRGbXR+q0
咲「いや、そんなに怒らないでくださいよ」

末原「いや別に怒ってへんけどな?」

咲「そんなにLチキ食べたいんですか?」

末原「Lチキ買って来い言うたのはお前やろが!」

咲「ほらやっぱり怒ってるじゃないですか~」
14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 22:33:30.11 ID:kRGbXR+q0
末原「メゲルわ……」

咲「?」

末原「分かった。落ち着いて話しよう?」

咲「ん、はい」

末原「咲ちゃんがスマブラで負けた方がローソン行こうって言ったんやんな?」

咲「まぁ、言ったかもしれないですね」

末原「せやな。そこまではオッケーやな?」

咲「多少不満な所も無くはないんですけどね?」

末原「一回ドツいたろうか…」ボソ

咲「ん?」
16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 22:38:29.90 ID:kRGbXR+q0
末原「まぁええわ。で、咲ちゃんはスマブラで負けた。オーケー?」

咲「のーせんきゅー」

末原「」プルプルプルプル

咲「ちょ、末原先輩もしかしてなんか怒ってます?」

末原「……… 分かった分かった。もう分かったわ」

咲「ん?」

末原「もうええわ。私がこうてきたるし、咲ちゃんは家におったらええやん」

末原「どうせ何言っても咲ちゃん動かへんやろ?」

咲「いや、それは……」

咲「まぁそうなんですけどね?」
17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 22:41:20.03 ID:kRGbXR+q0
末原「もうええ。あ~分かったわ。咲ちゃんのことは」

咲「も~、そんなに怒っちゃダメですよ? 健康とか美容とかに悪いと思います」

末原「お・の・れのせいじゃボケ!!!!」

咲「もう分かりましたって。そんなに言うなら私もついて行ってあげますよ」

末原「もうそれなら最初からスマブラで勝負しようとか言うなや!」

咲「いや、それはちょっと待って下さいよ!」

末原「うん?」

咲「なんか私が悪いみたいな雰囲気になってません? これ」
18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 22:44:33.05 ID:kRGbXR+q0
末原「いや、雰囲気も何も正直100-0で咲ちゃんが悪いと思うんですけど…」

咲「まぁ私も悪い所はありましたけどね? 結局あれですよ」

末原「うん?」

咲「雪降ってるのが一番ダメなんじゃないかと思うんですよ」

末原「まぁ、寒いから外出たないっていうのは二人の総意ではあるな」

咲「でしょ? しかもこんなに雪降ってるのに食事当番の末原先輩はこんな時に限って何にも準備してないときましたよ」

末原「普通こんなガンガンに積もると思わんやろ?!」
20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 22:47:49.70 ID:kRGbXR+q0
咲「でも積もっちゃってますよね?」

末原「まぁそれは私が悪かったわ…」

咲「もうこうなってきたら私と末原先輩の責任の対比で言ったら20:80ぐらいになってきますよね?」

末原「それは流石に言い過ぎやろ。ていうか負けたの咲ちゃんなんやから咲ちゃんがご飯作ってくれたらええやん」

咲「あ~! なんかこの流れに乗じて食事当番変わろうとしてません!?」

末原「いや冗談やって。もう埒がアカンから私が買ってくるわ」

咲「だから私も行きますって! もう、そうやって不貞腐れてたら可愛くないですよ~」クスクス

末原「咲ちゃんがもうちょいまともに構ってくれたら私の元気も出るんやけどな~」

咲「はいはい、じゃあ二人で行きましょうか」

末原「はいはい」
22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 22:51:42.30 ID:WzTL8PdE0
仲いいね
23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 22:53:18.42 ID:kRGbXR+q0
~ ローソン ~

末原「ええっと、あ、あとLチキ二つ下さい」

店員「はい? すみません、もう一度お願いします」

末原「Lチキの普通の奴二つ下さい!」

店員「Lチキお二つで?」

末原「はい」

咲「」クスクス

末原「な、なんやねん!」

咲「いや~、あんだけ言っといて自分もLチキ食べるんだな~っと思って」
24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 22:56:46.21 ID:kRGbXR+q0
末原「別に私が何食べてもええやん」

咲「なんやかんや言っときながら実はLチキ食べたかった末原先輩w…」クスクス

末原「そらお腹空いてたら食べたくなる時もあるよ!」

咲「くっ、ふふwww」

末原「いや、それ別にそんな笑うとこでもないやろ…」

咲「いや、なんかツボに入っちゃいまして…クッw… ふはww」
25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 23:01:03.61 ID:kRGbXR+q0
店員「おまたせいたしました。合計15点で2567円になります」

末原「あ、はい。3千円で」

店員「ありがとうございます」ピピ

店員「433円のお返しになります!」

末原「はい」

店員「ありあと~ござやした~」

咲「くっww(ダメだ…まだこらえるんだwwww)」

末原「自分しつこいわ!」
29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 23:10:16.06 ID:kRGbXR+q0
~ 帰宅 ~

末原「あぁ~、やっぱまだ外はさっむいなぁ」ブルブル

咲「さむさむ……」ブルブル

末原「なんか温かいもんでも入れようか?」

咲「じゃあわたしコーヒーで!」

末原「はいはい、じゃあ私はレモンティーにしよかな」
末原「はい、どうぞ」

咲「ありがとうございます」

末原「なんやあれやなぁ」

咲「ん?」
30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 23:14:34.79 ID:kRGbXR+q0
末原「結構こうてもうたな」

咲「寒いですし、今日はもう家から出たくないんでしょうがないですね」

末原「自堕落な生活やな。せっかく大学が休みなんやから有意義に過ごさんと」

咲「じゃあ末原先輩は今日は何する予定なんですか?」

末原「わたしは、あれや」

咲「うん?」
末原「…… ゲームとか?」

咲「んふ…www ああ、なるほど」
32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 23:21:06.67 ID:kRGbXR+q0
末原「なんやねん? そういう咲ちゃんは何するつもりなんよ?」

咲「私は読書しますよ?」

末原「ぐ… なんやえらいまともっぽくいうなぁ…」

咲「まともっぽくっていうか、まともですよ? わたし」

末原「いや、そうなんやけどな?」

咲「それよりさっき買ったLチキ食べないんですか?」

末原「ああ、確かに早よ食べな冷めてまうわ」ガサガサ

末原「頂きます」ガブッ
35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 23:26:05.26 ID:kRGbXR+q0
末原「」モグモグモグ

咲「もう冷めちゃってるんじゃないですか?」

末原「んん?」モグモグ

咲「え?」

末原「んんんん??!?」モグモグ

咲「なんですかいきなり。リーチ一発目で掴まされたみたいな顔して」

末原「これ、ちゃうわ」

咲「ん?」

末原「これLチキチーズやんか!!」

咲「ふwブフwwwwwww」
36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 23:31:22.21 ID:kRGbXR+q0
末原「私は普通のLチキ二つって言ったよな!?」

咲「くふwwwww た、多分言ってたと思いますよ?」

末原「納得出来んわ! ちょっと文句言って来る!」

咲「ちょwwww 待ってください!」

末原「いやでもこれは流石にあっちが悪いやろ!」

咲「まぁそうなんですけどね?wwwww」

末原「文句言わな気が済まへんわ!」

咲「分かりました。それなら私の分と交換してあげますって」

末原「自分もう帰りに食べてたやろうが!」

咲「んふwwwwww」
37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 23:34:00.17 ID:kRGbXR+q0
末原「うぅ~、でもこの寒い中行くのは辛いなぁ…」

咲「もう、いいじゃないですか、チーズでも」

末原「まぁええか…」ッパク

咲「(くふwww がっかりしながらLチキチーズ食べる末原先輩可愛いwww)」

咲「そんなにメゲないでくださいよ」ヨシヨシ

末原「メゲるわ… これはメゲるわ」ムシャムシャ

末原「ん?」

咲「うん?」ヨシヨシ

末原「チーズも以外とアリやな…」

咲「さいですか」
40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 23:40:17.95 ID:kRGbXR+q0
末原「で」

咲「なんですか、もう」ペラッ

末原「咲ちゃんが読書してたら私は暇になるんですけど」

咲「私の本貸してあげますよ」フンフム

末原「う~ん、咲ちゃんの読むのは何か合わへんねんなぁ…」

末原「哲学書とか興味ないしなぁ…」

咲「面白いのもたくさんありますよ?」

末原「私は理系やし実践的な奴の方が興味湧くんやけどなぁ…」

咲「はいはい、分かりましたから今から3時間ほど私に喋りかけないでくださいね?」

末原「それは流石に長ない?」
45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 23:47:40.25 ID:kRGbXR+q0
咲「……」

末原「……」

咲「……」

末原「……」

咲「……」

末原「……」

咲「…… ふw」

末原「ふwwふふww」

咲「だから喋りかけないでって言ってるでしょ!」

末原「いやww勝手に自分が笑い出しただけやんwww」
46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 23:51:31.71 ID:kRGbXR+q0
咲「いやいやいや」

末原「ふふwww うん?」

咲「そういう空気感作ろうとしてたのは末原先輩ですよね?」

末原「いや、何もしてないよ? 私は」

咲「も~、分かったから邪魔しないでくださいね?」

末原「だから何もしてないって」

咲「はいはい、もう…」ペラッ
49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 23:53:56.63 ID:kRGbXR+q0
咲「……」

末原「……」

咲「……」

末原「……」

咲「……」

末原「……」ジーッ

咲「……」

末原「……」ジーッ

咲「……」

末原「……」ジーッ ッンフw

咲「……」

末原「…… ふwwくっw…」

咲「……くふっww…… いやこれはもう確信犯じゃないですか!!!」

末原「ふwwwんふww いや、だから何もしてないって!www」
52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 23:58:49.06 ID:kRGbXR+q0
咲「いやどう考えても今のは雰囲気作りに行ってましたよね?」

末原「分かった! 分かったって!」

咲「うん?」

末原「そこまで言うんやったらぷよぷよで決着つけたらええやん!」

咲「じゃあ負けた方は今週全部食事当番ですよ?」

末原「はぁ?! それはちょっとやりすぎちゃうか!」

咲「そもそも先にわたしの読書邪魔してきたの末原先輩でしょう?」

末原「む、じゃあもし負けたらずーっと咲ちゃんの苦手なもんにしたるわ」

咲「はぁ…」タメイキ

末原「なんやねん?」
54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 23:59:49.02 ID:kRGbXR+q0
咲「仮にも大学3年の先輩が1年生に対してそんなみみっちい嫌がらせしますか?」

末原「じょ、冗談に決まっとるやろ! そんなしょうもない嫌がらせせえへんわ!」

咲「じゃあこうしましょうよ?」

末原「うん?」

咲「負けた方がそこのローソンに行って勝った方の好きなもの買ってくるっていうことで」

末原「まぁええやろ…」

~ 槓 ~
55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 00:02:42.65 ID:9wuowYJq0
咲さんがクッソ可愛いかった
乙乙
56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 00:03:23.20 ID:VZTFzWCZ0

咲さん可愛い!
61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 00:12:02.32 ID:cq31XFA/0
おつー
仲良くて良かった

 - 咲SS

  関連記事

no image
宮永咲「お姉ちゃんと喧嘩した原因は、寝てるお姉ちゃんの顔に熱湯をかけたからw」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) …

no image
末原恭子「どやあ!姉帯からのサインの依頼、冷たく断ってきたで!」SS

1 : ◆j9SK9NH//w 2014/09/25(木) 23:41:31.1 …

no image
原村和「咲さんを妹として認めないなんて、私は宮永照を許せません!」SS

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/ …

no image
末原恭子「洋榎、仮病はあかん。馬鹿は風邪ひかないんや!」愛宕洋榎「串かつの串で刺したろか?」SS

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/ …

no image
新子憧「山ガール目指してるのに、シズはガチ勢すぎて引くよ!」SS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24(日) …

no image
宮永照「淡がいれば、妹の咲なんてもう二度と会わなくてもいい」SS

1 : ◆ANRdHn0Tts 2014/04/20(日) 16:52:33.7 …

no image
弘世菫「宥の部屋で、宥のマフラーの匂いを嗅いだことは……?」

6 :代行、ありがとうございます!! 2013/02/01(金) 03:17:0 …

no image
弘世菫「照、お前か!鍋に生クリームたっぷりのケーキを突っ込んだ奴は!」SS

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01(金) …

no image
渋谷尭深「本当に嬉しいの、誠子からこうしてプレゼントが貰えるなんて」SS

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14(木) …

no image
園城寺怜「竜華、私の方が強くなったんやし、部長の座、譲ってくれへん?」SS

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/02(火) …