ジャパンアニメノベルス!~SS小説まとめ~

日本のアニメのSS小説まとめサイト。

臼沢塞「ウチら全員三年生なのに、麻雀に明け暮れて大学受験やばくない・・・?」

      2015/10/27

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:22:26.20 ID:+0bBIdFG0
盛大に遅刻した

白望「よければ明日、私の家で」

塞「え、ちょ、ちょいタンマ」

白望「都合悪い?」

塞「いや悪くはないけれども…え、チョコ? シロが?」

白望「うん」

塞「それってまさかあれ? バレンタインデーの?」

白望「うん」

塞「えー、うわー、マジか、シロが、うわー…」
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:26:36.36 ID:+0bBIdFG0
白望「さすがにそこまでうわーうわー言われると傷つくんだけど」

塞「だってさー、シロがさー、うわー」

白望「…わざと言ってる?」

塞「いや、わざとじゃないけれども、うわーとしか言いようがないわ」

塞「だってシロがバレンタインチョコって…うわーうわーこれは夢だわきっと」

白望「…」ツネリ

塞「いたい。夢じゃないのかうわー」
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:31:03.62 ID:+0bBIdFG0
白望「…それで、手伝ってくれるの、くれないの」

塞「あー、うん、手伝うよ手伝う」

白望「ん、ありがと。材料はこっちで用意しとくから、手ぶらでいいよ」

塞「ん、わかった」

白望「じゃあ、また明日」

塞「はいはいばいばい」

塞「…うわー、マジか、うわー…」
8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:36:04.37 ID:+0bBIdFG0
塞「シロも女の子だもんね」

塞「18にもなればバレンタインにチョコ渡す人の一人や二人いるよねー、あはは」

塞「…それで、私にチョコ作りの相談ってことは、ほぼ100%相手は私じゃないってわけで」

塞「あーいや何言ってんだろ私、そもそも同性じゃない。チョコとかないない」

塞「シロは毎年女の子から貰ってるけど、まぁあれは例外よね」

塞「……っあー…、あー…、あー…」

塞「…なんで断らなかったんだろ」

塞「あーあ…」
11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:42:32.82 ID:+0bBIdFG0
塞「大体さーシロもさー、チョコ作り手伝わせるって何なのさー」

塞「本命ならいちから自分で作るべきだよねー」

塞「まずいの出して嫌われたくないとか?」

塞「意外と小心者なんだねーシロも。」

塞「……はぁ」

塞「毎年渡せず仕舞いの私が、小心者とか言う権利ないか」

塞「…今年は作る手間が省けた分、マシかもね」

塞「あはははは……はは……は」

塞「……ぐすっ」
14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:48:00.17 ID:+0bBIdFG0
翌朝
塞「あー、朝になっちゃったかー」

塞「やだなーいきたくないなー」

塞「…開き直って、タバスコでも仕込んじゃおうか」

塞「…なんてね」

塞「…いこ」

塞「シロー、来たよ」

白望「うん、ありがと、あがって」

塞「おじゃましまーす」
18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:54:26.97 ID:+0bBIdFG0
白望「じゃあ、塞はそっちお願い」

塞「うん。…うん?」

塞(なんだろう、この、”チョコレートの山”という表現が比喩にならない量は)

塞(シロの好きな人は大変な大食漢なんだろうか…)

塞(いやいやいやいや、どう考えても人間の胃袋の容積超えてるよこれ)

塞(え? マジでなにこれ?)

白望「湯せんで溶かして型に流して、出来たの片っ端から冷蔵庫に突っ込んで」

白望「冷蔵庫がいっぱいになったら二階のも使って」

塞「え?うん。…ええ?」
19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:55:48.37 ID:fdUy2WUj0
シロが本気だすとやばそう
21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:00:02.63 ID:+0bBIdFG0
塞「ちょ、ちょっと待ってくださいよシロさん」

白望「なに?」

塞「ちょっと、私が想像してたのと状況がだいぶ違うんですけれども」

白望「?」

塞「私としてはさ、それはもうバレンタインにふさわしい装飾凝ったチョコレートを作るのを手伝わされると思っていたんですよ」

白望「いや、そういうのなら自分で作るし…」

塞「え?じゃあなんで私いるの?」

白望「手伝ってもらうためだけど」

塞「えー?」
24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:09:23.60 ID:+0bBIdFG0
塞「…ひょっとして、ひょっとしてだけどさぁ」

塞「チョコ作りの手伝いって、本命チョコじゃなくて、義理チョコ量産の手伝い…だったりする?」

白望「うん」

白望「…毎年さ、たくさんの人が、私にチョコくれるじゃない」

塞「…うん」

白望「でも、私はそのお返しとか、一度もしたことなかったんだよね」

塞(相手がシロだと、渡す側はお返しなんて考えてもないと思うけどなぁ…)

白望「だから、ダルいけど、今年は私からも…って思って」

塞「それで、この量か…」

白望「うん。一応、今まで貰ったプレゼントの包装とかは取ってあったから、わかる範囲で全部」

白望「もう、県外に行っちゃった先輩とかには、さすがに無理だけど」
25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:10:55.76 ID:p7c7uYUG0
シロちゃんマジぐう聖
26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:16:53.11 ID:+0bBIdFG0
塞(ふむ、つまり)

塞(…つまり、全部私の勘違いかぁ…)

塞「ふ…ふふふ…」

白望「塞?」

塞「あーっはっはっはっはっはっはっは!」

塞「ははははははは!」

白望「ちょ、ワライダケでも食べた?」

塞「いやいやいや、ひいーっ、ひーっ、あはは…おーけーおーけー、よっしゃ、手伝うわ」
27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:20:28.88 ID:+0bBIdFG0
塞「あー、でも、やっぱこういうのはシロが作ったほうがいいんじゃ?」

白望「うん、最初はそう思って、一人で作ってたんだけど」

塞「うん」

白望「これリスト」

塞「…………」

白望「半分ほど作ったあたりで炎症起こしかけた」

塞「ああ…」
28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:25:41.75 ID:+0bBIdFG0
塞「…下手すると今日中には終わらないかもね」

白望「こないだは同じ量を1日かけてやったから…今日は塞もいるし、大丈夫」

塞「だといいけど…」

白望「それじゃあ頑張ろう」

塞「おー…」
31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:31:39.85 ID:+0bBIdFG0
塞「…ねえシロ」

白望「…んー?」

塞「本命チョコは、作らないの?」

白望「……内緒」

塞「えーっ、こんなに尽くしてあげてんのに! 教えなさいよ!」

白望「やだ」

塞「けち!」
33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:35:18.72 ID:+0bBIdFG0
白望「塞のほうは、どうなの」

塞「え、私?」

白望「うん」

塞「私は、うーん…」

塞「渡すかもしれないし、渡さないかもしれない」

白望「…作りはするんだ」

塞「…変なところで鋭いよねシロって」
34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:41:17.01 ID:+0bBIdFG0
塞「毎年さ」

塞「作ってるんだよね、本命チョコ」

塞「でもさ、本命がさ、それはモテるのなんのって」

塞「いざ渡しに行こうとするとさ、囲まれてんのよ、チョコに」

塞「しかも、女子力とか、本気度とか、そういうのがすんごい滲み出てるのそのチョコ陣」

塞「まるで結界」
36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:47:03.11 ID:+0bBIdFG0
塞「結局、ビビって渡せず仕舞い」

塞「笑えてくるわ。自分の臆病さに」

塞「シロも笑っていいわよあはは」

白望「……へえ」

塞「いや、ギャグっぽく流してよそこは」

塞「ちょっと恥ずかしいじゃない」
37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:52:15.65 ID:+0bBIdFG0
白望「塞の本命は――」

塞「ん?」

白望「……ちょいタンマ」

白望「んー……」

白望「…やっぱいいわ」

塞「ちょ、そこで切らないでよ、超気になるんだけど」

白望「気にしないで」

塞「えー、ちょっと、もうちょっとこう、私に配慮してよ」
39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:57:24.81 ID:+0bBIdFG0
白望「どうせ、すぐにはっきりするし」

塞「え? なんか言った?」

白望「なんでも」

塞「そう…って、いつの間にかもう夜じゃない」

塞「このままじゃバレンタイン間に合わないわよ」

白望「ん、頑張ろう」
41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:00:17.34 ID:+0bBIdFG0

塞「終わったー!!」

白望「疲れた…」

塞「もう二度と手伝わないからね…」

白望「もう二度とやらないよ」

白望「……今年のは、けじめだから」

塞「?」
43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:08:47.11 ID:+0bBIdFG0
白望「一人で作りきれなかったって言うのは、半分は口実」

塞「はァ?」

白望「どうにか0時まで、塞を手の届く範囲に縛っておきたかった」
白望「バレンタインデーに一番に、本命――塞にチョコレートを渡すために」
塞「え」

白望「ハッピーバレンタイン、塞」
46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:16:24.20 ID:+0bBIdFG0
塞「っは、はは、シロ、どうしてくれんのさ」

塞「シロのせいで、本命チョコ、作れなかったじゃない」

白望「…ごめん」

塞「しょうがないから、ちょっと貰うよ」

白望「…?」

塞「シロのチョコだから、味見して、飽きちゃってるかもしれないけど…」パク

塞「…」チュ

白望「…っ…!」

塞「…私からも、ハッピーバレンタイン」
49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:22:26.56 ID:+0bBIdFG0
白望「…両思い、かな」

塞「そうだね……ひぐっ」

白望「…塞?」

塞「あーっ、あーっ、ぐすぐすっ」

白望「どうしたの?」

塞「もーっ、ずーーーーっと不安だったのよーこのこの!」ポカポカ

白望「…いたい」

塞「もっとさーモテなくなりなさいよーもーっ!」

白望「そんな理不尽な…」
52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:27:53.00 ID:+0bBIdFG0
白望「今年からは、ちゃんと断るから…」

塞「うんうん、そうしなさい」

白望「「塞に悪いから」って言って」

塞「やめて刺される」

白望「冗談だよ」

塞「交際初日で刃傷沙汰とか洒落にならないからね」
54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:34:34.61 ID:+0bBIdFG0
白望「さて、これからが大変だね」

塞「うん?」

白望「このリストの全員にチョコ渡しにいかないと」

塞「あー、そうか、その作業があった…」

塞「こればっかりは着いていっちゃ駄目だよねぇ」

白望「うん、それじゃあ行ってくる」

塞「いってらっしゃい。刺されないようにね」

白望「縁起でもない…」
57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:38:15.05 ID:+0bBIdFG0
白望「チョコの材料は十分あまってるはずだから」

塞「え?」

白望「道具の位置も覚えたよね」

塞「うん?」

白望「期待してるよ。…行ってきます」

塞「え、どういう…」

塞「……あー、そういうことね、抜け目ないなぁ」
59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:49:39.54 ID:+0bBIdFG0
塞「道具よし、材料よし、…あ、愛情よし」

塞「…は、はずかし…。…いやいやなんで誰も見てないのに照れてるのさ」

塞「数年分の思いが詰まった本命チョコ、しっかり味わってもらわないと」

塞「よし、一丁頑張りますか!」

カン!
61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:51:55.90 ID:4ck0Iqcb0
おつ!
62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:52:17.80 ID:2/yaZfPE0
塞さんかわいい
乙乙
65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:55:48.31 ID:+0bBIdFG0
書いたの久しぶりすぎて塞さんの口調に違和感あるかも…
66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:56:42.20 ID:Pe1GkXQX0
乙乙
いいシロ塞だった

 - 咲SS

  関連記事

no image
花田煌「自分でも何が素晴らしいのかわからないけど、とりあえず、すばらです!」SS

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/11(日) …

no image
大星淡「今日彼氏とデートだから、部活途中で抜けるね!」SS

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) …

no image
弘世菫「淡、照のお菓子を勝手に取ると、手を叩かれるから気をつけた方がいいぞ」SS

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/02(木) …

no image
須賀京太郎「悪いな優希、俺は咲が好きなんだ。だから付き合えない」SS

1 : ◆Pcb58XTPnw 2015/03/16(月) 22:39:29.2 …

no image
高鴨穏乃「まさか、玄さんが真面目系クズだとは思わなかったよ」SS

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) …

no image
【咲SS】渋谷尭深「言い訳でもなんでも、私はお姉ちゃんの言葉が聞きたかったです」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25(水) …

no image
須賀京太郎「よく考えたら、咲ってかなりの美少女だよな・・・?ダメ元で告ってみるか」SS

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/ …

no image
宮永咲「全国でお姉ちゃんに会ったら、おもいっきりお腹にパンチしてやるから、待っててね!」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) …

no image
高鴨穏乃「また憧がクラスの男友達とイチャイチャしてる・・・付き合ってるのかな?」SS

1 : ◆WOCvdCGjcQ 2015/01/17(土) 12:53:09.5 …

no image
【咲SS】大星淡「このペアの湯飲み!大きい方が私用で、小さい方がタカミ用!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/15(土) …